名刺作成の方法をシーンに合わせて選ぶ

名刺作成のメリットについて

就活生や社会人にとって、自身の情報を簡潔に手渡しができる「名刺」は必要不可欠な物です。社会人としてのマナーの役割も担っており、名刺を所持していないと面合わせや取引などをスムーズに行えない可能性があります。名刺を交換することにより、他社の人脈が築けたり、自身の個性をアピールできるなど持っておいて損はありません。仕事を任される役職であれば、むしろ名刺を持っていないとどうしたの?と思われ、取引先からの印象はとても悪い物となります。
会社勤めではない、またはフリーランスの方の名刺といて「個人名刺」という名刺が存在します。この名刺は任意で自分で作る物であり、個人の会社や個人での人脈を広げたい方などが作られる自分個人をアピールするための名刺です。個人名刺には完全な自身が持つプライベートな情報をある程度記載する必要があり、必要以上に記載を行うと個人情報の漏洩につながり社会的地位が世に知られ悪用される可能性があります。
広い範囲に渡す用の個人名刺であれば少しの個人情報の記載だけにしており、趣味や専門職間での名刺の受け渡しであるならば、自分の存在をアピールするためにガッツリと個人情報を記載してもよいでしょう。どちらも相手を見てから名刺を渡すようにすると、悪用の危険を回避しやすくなります。

名刺作成は業者か個人作成か

名刺というと、ある程度の自分のことを表すものとして重宝されています。会社の名刺となれば職場の名前や場所に自分の名前と役職などですね。また個人的に持っている方もいます。例えばバンドを組んでいておしゃれのために名刺を作ったり、何かのサークルに参加するために趣味などを明記していたり。使い方は様々あります。そんな名刺もいまや何でもデジタル化している時代にまだ多く出回っております。
そんな名刺作成も業者に頼むのか、自分で名刺作成をするのか迷うところもあるでしょうが、それは社会人として作るのか個人的に作るのかで変えていくべきでしょう。会社であれば業者に頼むほうが無難です。業者に頼むデメリットとしては、最初にかかる費用が大きいことです。最初は名刺のデザイン料がかかりまして、業者にもよりますが一万円から三万円ほどが相場でしょうか。
これはより複雑に作ると値段が上がっていきます。しかし社会人として名刺は一人で大量に使いますよね。業者に頼んでおけば、無くなりしだいすぐに発注して持ってきてくれます。そうしますと長い目でみて特になっていくのです。個人的に使うときは自己での名刺作成が良いでしょう。デザイン料が無い分だけ初期費用削られます。ただ、自分で作成する手間と無くなりしだい自分で印刷しなければいけません。インク代もかかりますが、普段そこまで名刺を配ることも無いので結果的に自分で作るほうがおすすめできます。

choices contents

自分のイメージに合った色を選択して名刺作成をしよう

特別な人には特別な名刺を 「人の身なりや収入でお辞儀の角度を変えない」のがビジネスの大原則だとされています…

more...

名刺作成で気になる横型と縦型のメリット

名刺作成する上で縦型と横型のメリットとは 名刺作成をしていく時に最初に悩むのが縦型の名刺にするか、横型の名…

more...

名刺作成の素材の選び方

名刺作成のオーダーは素材がいろいろ 名刺はその人の顔を表します。今は自分でパソコンを使って簡単にデザインで…

more...

今は自分の家で名刺作成が出来る

名刺は自分で作れる時代だ! 名刺というと一昔前は会社員が他社とのコミュニケーションを図る際に使うツール、と…

more...