自分のイメージに合った色を選択して名刺作成をしよう

特別な人には特別な名刺を

「人の身なりや収入でお辞儀の角度を変えない」のがビジネスの大原則だとされています。実際、どんな相手に対しても誠心誠意で向かうことはとても大事です。しかし、名刺を配るという状況においては、その原則が当てはまらない場合もあります。名刺を受け渡すというのは出会いと交流の証でもありますが、渡した当人が有名人だったりすると、渡された中にはその名刺を自分のハクを付けたりするために利用する人が出てくる可能性があります。
場合によっては人づてに手に入れた名刺を使って「虎の威を借る狐」を地でいくかもしれず、そうなると渡した側の真心もフイにされたような感じになってしまいます。しかし、ごくわずかな悪用例を恐れて名刺を出さないというのも世知辛い話です。そこで、家族や親友など大事な人に対しては通常のものとは違う特別な名刺を配ることで、関係性を区分けするという手があります。
もし「一般向け名刺」を受け取った誰かがそれを「悪用」しようと企てても、配った人を良く知る、そして本人がもっとも失望されたくない人たちからの評判が落ちることはなくなります。元々貰った名刺は見せびらかす種類のものではない、どちらかと言うとプライベートに属する性質のものですから、こうしたランク分けも、時と場合によっては有効かも知れません。

名刺は紙質やデザインにこだわる

「名刺」はビジネスをする上で大切な存在で、自分をうまく表現すれば業績アップへつながることもあります。そんな重要なものだから、こだわりをもって名刺作成をしましょう。紙にも厚いものや薄くて破れにくいものなどさまざまなものがあります。名刺ケースに入れることを考慮して、できるだけ薄い素材を選びましょう。数枚分の厚みがあるものは、ケースに収めることを考えると相手側に良い印象与えることができません。
また、名刺作成では紙の耐久性にもこだわりましょう。水に濡れるとよれよれになる紙ではしっかりした状態を維持できません。できるだけ防水加工してあるものを選びましょう。表と裏にコーティングを施してある特殊の紙もあります。普通の紙だとちぎろうとすればすぐに引き裂くことができますが、この紙は破れにくくいつまでも良い状態を維持できるのが利点です。
また、デザインにもこだわりましょう。人の心に残り良い印象を与えられるのは、パッと見て美しいデザインです。たった1枚の小さな紙きれですが、ときには人に感動を与えるものでもあります。カラーはさまざまなで、それぞれに情熱、冷静、自然などイメージがあるそうです。会社や自分のイメージに合ったカラーを選択して名刺作成をしましょう。

choices contents

自分のイメージに合った色を選択して名刺作成をしよう

特別な人には特別な名刺を 「人の身なりや収入でお辞儀の角度を変えない」のがビジネスの大原則だとされています…

more...

名刺作成で気になる横型と縦型のメリット

名刺作成する上で縦型と横型のメリットとは 名刺作成をしていく時に最初に悩むのが縦型の名刺にするか、横型の名…

more...

名刺作成の素材の選び方

名刺作成のオーダーは素材がいろいろ 名刺はその人の顔を表します。今は自分でパソコンを使って簡単にデザインで…

more...

今は自分の家で名刺作成が出来る

名刺は自分で作れる時代だ! 名刺というと一昔前は会社員が他社とのコミュニケーションを図る際に使うツール、と…

more...