今は自分の家で名刺作成が出来る

名刺は自分で作れる時代だ!

名刺というと一昔前は会社員が他社とのコミュニケーションを図る際に使うツール、というイメージでしたが、最近はそうでもありません。特に、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及により、相手の顔の見えない、ましてや本名さえ知らない人とのオンライン交流から派生したオフ会(オフラインミーティング)が盛んに行われ、そういったシーンで『オリジナル名刺』の活躍が増えています。
これはまた、一家に一台プリンターが置かれるような時代になったことも関係していて、今では『自宅で名刺作成をする』といった新しい流れができています。お持ちのパソコンにインストールすることで工夫を凝らした名刺作成ができるソフトもラベル会社を中心に無料で提供されていて、中には顔写真を入れることができるものもあります。
同じく、そのラベル会社から様々な名刺用の紙が発売されていて、昔なら専門の業者に頼まないと作れないようなお洒落な物も作れます。ソフトは使いやすくよく考えられていて、レイアウトから細かな文字まで自由自在に自分のイメージが投影でき、世界に一つだけのあなただけの名刺作成をすることが可能になっています。ぜひ、一度チャレンジしてみてはどうでしょうか?

名刺作成はインパクトを与える

名刺とは、ビジネスで自分をアピールする時に必要不可欠なもので、コミュニケーションの場でとても重要なものになります。名刺をビジネスで使う時でも、プライベートで使う時でも、名刺作成をする時には注意をしておくことがあります。名刺のサイズは、標準で統一し、最低限、名前と会社の情報を入れる、レイアウトする時は、文字の書体は2種類ぐらいまでにする、名前と連絡先は文字の大きさなどを変えて見ためのインパクトを変えるようにしましょう。
右揃え、左揃え、中央揃えはきちんと並べる。名刺をもらう側はたくさんの名刺をもらっている場合があります。名刺を見たらすぐに顔を思いだすぐらいのインパクトのある名刺作成をするようにしましょう。営業での名刺の存在はとても大きいものになります。名刺を自分で作る時の工夫は、顔の写真をのせたり、デザインを印象深いものにしたりして、個性を出して相手にすぐ覚えてもらえるような名刺を作りましょう。
デザインをどんなものにしたらよいかわからず困った時は、ネットにたくさんのテンプレレートがあるので、利用するとよいと思います。今はパソコンも充実しているので、印刷会社と変わらないぐらいの名刺を自分で作ることができるので、自分流のオリジナルの名刺作成をしてみてはいかがですか。

choices contents

自分のイメージに合った色を選択して名刺作成をしよう

特別な人には特別な名刺を 「人の身なりや収入でお辞儀の角度を変えない」のがビジネスの大原則だとされています…

more...

名刺作成で気になる横型と縦型のメリット

名刺作成する上で縦型と横型のメリットとは 名刺作成をしていく時に最初に悩むのが縦型の名刺にするか、横型の名…

more...

名刺作成の素材の選び方

名刺作成のオーダーは素材がいろいろ 名刺はその人の顔を表します。今は自分でパソコンを使って簡単にデザインで…

more...

今は自分の家で名刺作成が出来る

名刺は自分で作れる時代だ! 名刺というと一昔前は会社員が他社とのコミュニケーションを図る際に使うツール、と…

more...